桜ー満開

散歩道に桜が満開です。 ソメイヨシノ(だと思います)が空間を圧倒するあでやかさで咲き誇っています。白、薄いピンクの花。古くから日本人が愛してやまない桜。自分の故郷の北海道ではエゾヤマザクラが主です。葉桜が普通です。

ソメイヨシノほど鮮やかではありませんが、なんだかより自然に感じられてこれも趣があって良いものです。

ところで、ソメイヨシノは江戸時代に品種を見出され、以後日本中に、世界中にクローンとして拡散したのはご存じですか? つまり元のソメイヨシノから挿し木で増殖したため遺伝情報がすべて全く同一ということです。

これと同様の例がジャガイモです。畑一面のジャガイモが全く同じ遺伝子情報を持っているということになります。

地下茎である種芋を切り分けて種芋として植え付けるため、いったん疫病が生じたら、耐性において個体差が無いわけですからあっという間に全滅の恐れがあるということです。ずいぶんとリスクの高いことです。

ソメイヨシノについては専門家によって何らかの保護対策がなされていることを期待します。 ジャガイモの原産地であるアンデス山脈の地では品種違いを7種位を混合し栽培するそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA